お知らせ
十月二十日の秋の大法要について

十月二十日の秋の大法要は、例年通り、午前10時より昇龍閣において開催いたします。法要の後、午前11時から法嗣様の御説法があり、昼食休憩をはさんで、午後1時から聖歌の御奉納がございます。皆様お揃いでお帰り下さいますよう、心 […]

続きを読む
法話
小欲を捨てて大欲に生きる(5)

人のためになれ 2015年、ノーベル生理学・医学賞を受賞され、一躍時の人となったのが、大村智(さとし)北里大学特別栄誉教授です。アフリカで年間数千万人が感染し、重症化すると失明に至る感染症・オンコセルカ症の特効薬「イベル […]

続きを読む
法話
小欲を捨てて大欲に生きる(4)

貪欲と少欲知足の違い 仏教と言うと、欲を一切否定する禁欲主義の教えのように誤解している人がいますが、お釈迦様は、「欲を捨てよ」とはおっしゃっておられません。欲を捨てたら、人間は生きていけません。ですから、欲はしてもいいの […]

続きを読む
法話
小欲を捨てて大欲に生きる(3)

「頂きます」という言葉の意味 以前、食事をいただく前に唱える「頂きます」という言葉の意味を誤解している人がいるという話をしました。永六輔さんがパーソナリティを勤めるラジオ番組に来た一通の投書を読んで、永六輔さんは驚愕した […]

続きを読む
お知らせ
HPをリニューアルしました。

高野山法徳寺のホームページをリニューアルしました。

続きを読む
法話
小欲を捨てて大欲に生きる(2)

道心の中に衣食あり 一口に欲と云いますが、欲にも、小欲と大欲(たいよく)の二つがあります。「小欲」とは、欲が小さいという意味ではなく、自分だけの幸福を追求する利己的な欲のことですが、利己的な欲の中でも特に欲深いのが、貪欲 […]

続きを読む
法話
小欲を捨てて大欲に生きる(1)

ハッサン・カンの妖術 芥川龍之介が書いた「魔術」という短編小説があります。これは、芥川龍之介が、谷崎潤一郎の「ハッサン・カンの妖術」を下敷きにして書いた小説ですが、「ハッサン・カンの妖術」は、谷崎潤一郎が、上野の図書館で […]

続きを読む
お知らせ
九月の彼岸法要について

九月二十一日の彼岸法要は、例年の如く、午前9時30分より帰郷庵と昇龍閣にて執り行います。皆様のお帰りを心よりお待ちしております。

続きを読む
法話
蓮華の五徳(2)

華果同時 四つ目は、「華果同時(けかどうじ)」の徳で、この特徴は蓮華にしかありません。一般的に、草花は、花が咲いて、その花が雌しべと雄しべの交配によって実を結びますが、蓮華は、花と実が同時に付きます。花が実になるのではな […]

続きを読む
法話
蓮華の五徳(1)

一茎一花 蓮華の花は、仏様が台座にしておられるインド原産の花で、インドのヒンドゥ教の神様は、みな蓮華の台座に立った姿や、座った姿で描かれています。仏様の台座は、昔から蓮華と決まっていますが、何故蓮華なのでしょうか?蓮華に […]

続きを読む